山口県なのに東北新幹線「はやぶさ」号に乗れるの?

2017.11.23

namcoフジグラン宇部店に東北新幹線のりばができました。

ただいま停車中の電車はE5系「はやぶさ」号、たぶん新青森とかの方にいくやつです。

新幹線なのに踏み切りがあるようですが気のせいです。

 

 

となりの東海道山陽新幹線乗り場に停車中の電車はN700A系の「のぞみ」号博多行きです。たまに 新山口駅に止まらない のもあるのでご注意ください。N700系ではなくN700A系というところにこだわりを感じますね。

 

忘れがちな「みずほ」号も全部新山口駅に止まらないですね。 

新幹線といえば、こんなこともあったそうです。Wikipediaよりお借りしています。

1964年(昭和39年)10月1日の開業初日に、上り初列車のひかり2号(新大阪午前6時発)では、乗客がビュッフェ車にあった速度計の周辺に集まったり、車掌に200km/h運転はいつするのかとの問い合わせが相次いだ。このため、担当運転士は乗客や建設・開発の携わった人々の期待に応えようと、直線区間では最高速度210km/hで連続運転した。しかし開業当時は相当に余裕のあるダイヤだったため(所定の最高速度は160km/h。210km/hは運転士の裁量で許される上限)、新横浜駅を所定より5分も早く通過してしまった。終点の東京には定刻通りの到着を命じられていたため、現在の品川駅付近 - 東京駅間では山手線に抜かされてしまうほど速度を低くしなければならなかったという逸話が残っている。

サムネイルは初代新幹線0系。なんと5文字で表現できてしまう省エネ?新幹線でした。

先頭へ戻る