Skip to content(本文へジャンプ)

ナムコの社員って?社員紹介

山下 友美

  • 企画開発本部 エンターテインメント施設開発部 G-イノベーションチーム
  • 山下 友美
  • 2010年入社

ナムコを一言で表すと?

面白さ至上主義

何が面白いと感じるかは人それぞれということをよく分かっている会社なので、他人が面白がっていることを「くだらない」と言うことがありません。
アイディアや企画もしかり。どういう部分に面白さを感じるのかその人を理解して、そこを伸ばそうとする姿勢があります。
営利企業なのでもちろん儲けなくては事業が維持できないわけですが、それよりも「どんな面白さなのか」にやっぱり注目してくれます。

山下 友美

現在の業務は?

新しい施設を考え、世に出し、それがずっと愛されるよう頑張る

仕事内容の詳細

ざっくり言うと、まだこの世にない新しいエンタメ施設を考え世に出す仕事です。
ターゲットや出店場所が最初から決まっている場合もあれば、 それも含めて自分で考えて会社に「やりましょう」とプレゼンする場合もあります。
企画と言ってもアイディアだけではなく、どう実現するか業者を探して交渉したり、図面を見たり、どのくらい売れそうか・儲かりそうかの事業計画も立てます。私のチームは特に女性ターゲットのものを担当しています。
そのほか、社内の女性リソースをもっと活用するため、テーマを決めた座談会を行う仕事もしています。

やりがい

1つの施設が産まれるまでには多くの人が関わります。それぞれの立場で思いも重視するポイントも違う。異なるそれぞれの思いを重ねていくことで、自分の考えたことが単なる妄想ではなくより強度のあるエンターテインメントになっていくのが楽しいです。自分達の想定した通りにお客様が楽しんでいるのを見ると、よしよし!って思いますね。

大変だったこと

多くの人や会社が関わるので、こちらの都合だけではコントロールできないことがたくさんあり、その中で決断しなくてはいけないシーンが多々あるのが大変なことです。
一番大変だった時は、毎日なんらかの後戻りできない決断を迫られていたことも…。迷った時は常にお客様目線に立ち戻って、アリかナシかをジャッジしていました。

山下 友美

ナムコで叶えたい夢は?

古墳を作る

デカいものが好きだから! 古墳は築造者の勢力を誇示するものであると同時に、墓という私的なものでもあります。それなのに、一見すると丘や山のような存在としてのびやかに風景に溶け込んでいて、非常に面白い存在です。 まあ、ナムコでどう叶えるかはこれから考えるんですけど…。え、もしかしてそういう質問じゃないですか? …そういう、特殊なのに身近なものを作りたいということです!

オフの過ごし方は?

山下 友美

今日こそ有意義な1日を過ごそう、と思いながらダラダラしていると夕方になり、慌てて映画を観に行く(カンフー映画が好きです)。もしくは、仕事の情報収集で見つけた気になるイベントに参加します。最近は「架空読書会」という、実在しない本の内容をでっちあげて「読んできた風」に語り合うイベントにハマってます。

将来の後輩へメッセージをお願いします!

山下 友美
もしあなたが遊びを通じて誰かを幸せにしたい方であれば、ぜひご一緒いたしましょう!待ってます。